「大山 十水(とみず)」がスパークリングに!?



「大山」こと加藤八郎酒造株式会社は山形県鶴岡市に蔵を構える
1872年(明治5年)創業の歴史ある蔵元です。

城下町として栄えた鶴岡市・大山地区は、かつて「東の灘」と称された酒のメッカ。
「大山」は名のとおり、この大山地区の酒を代表する酒蔵です。

造りのこだわりとして、蔵独自の設備で、
米・水・麹・酵母への細やかな心遣いと対話により、
時々に要求される条件を速やかに適切に与え、
その「ためいき・といき」に耳をすませて、
人と酒、人と人の「調和」を醸し出すような酒造りを目指しています。



こちらのお酒は、通年販売している定番人気純米酒

「大山 特別純米酒 十水(とみず)」の発泡バージョン。



“十水(とみず)”とは、日本酒の仕込み配合のうち、仕込み水の割合を示す言葉で、
一つの醪(もろみ)に仕込む白米10石(1500Kg)に対して、10石(1800L)の水
<10石 : 10石 = 10割>で仕込むことを “十水仕込” と言います。
この割合は、江戸時代後期から末期にかけ、灘地方で確立されたもので、
昭和30年代まで酒造りの基本形とされたものです。
現代の仕込みよりも10~20%水が少ない濃厚仕込みです。





大山の定番酒「特別純米 十水」を、発泡タイプを造るきっかけは。

『十水仕込み』の濃厚な酒質。


発泡タイプのお酒を造るための製法『瓶内二次発酵』には、
醪(もろみ)に糖分が必要です。

通常の日本酒の仕込みよりも、2割ほどお米の割合が多い、
高濃度仕込みの『十水仕込み』で醸した濃厚な酒質は、
『瓶内二次発酵』に必要な糖分が十分にありました。

「十水」のジューシーな旨味と発泡のガス感のバランスも良いのでは。と、
試験醸造に挑戦したのが、スパークリングタイプ「発泡の十水」です。


活性の良い若い十水の醪をあらごししてにごり成分を採取し、
通常のお酒造り同様に発酵をさせ搾った「十水」の原酒を、
割り水したお酒(十水)とブレンド。

生酒のまま瓶詰めし、貯蔵温度を慎重に調節しながら『瓶内二次発酵』させました。
幾度となく酒質とガス感の確認を行ない、最適なガス感となったところで、
瓶燗(火入れ)をしています。

発泡タイプの日本酒ですが、火入れしているため、常温発送可能な商品です。
召し上がる際は、噴き出す恐れがございますので、
【しっかり冷やして、振らずにゆっくり開栓してください。】


果実味のあるフルーティーな吟醸香と、
「十水」らしい濃醇で旨味のあるジューシーな味わい。
爽快に弾けるシュワシュワの発泡うすにごり酒です。

暑い日のオススメのスパークリング日本酒。
天ぷらや串揚げなどとの相性抜群です。








大山 特別純米酒 発泡の十水 710ml

価格: ¥1,760 (税込)
[ポイント還元 17ポイント~]
数量:
在庫: 余裕有り

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter


蔵元:加藤嘉八郎酒造株式会社(山形県鶴岡市)
原材料:米、米麹
原料米:はえぬき(山形県産)
精米歩合:60%
日本酒度:-0.5~+0.5
アルコール分:15%
製造年:2024年


地酒のリエゾンご利用案内

【お奨め商品】

一ノ蔵すず音特集
一ノ蔵花めくすず音特集
金龍蔵「祥雲金龍」特集
夏の生酒/夏涼酒特集
新米新酒しぼりたて特集
警魂
コエドビール(クラフトビール)特集
晩翠画廊バナー画像
素敵に食卓ラベル/ギャラリーまぁる
春和酒
にごり酒
お燗酒特集
日本名門酒会 隠し酒特集

一ノ蔵を楽しむ会出品酒特集ページ

毎週メールマガジンを配信中です。
新商品、限定販売商品をいち早くご案内いたします。

変更・解除・お知らせはこちら

地酒のリエゾンFacebook

営業日のご案内
  • 今日
  • 休業日
  • 発送業務のみ

当店の営業時間は、基本的に平日の9時~17時となっております。
営業日の16時までにいただいたご注文やメールは、当日のうちにご返信いたします。

ページトップへ