新元号「令和」迎える寿ぎの日國酒で乾杯


新たな時代を迎える寿ぎの日

國酒「日本酒」で乾杯しませんか?





先日、平成31年4月1日に新元号「令和」が発表されました。

新元号「令和」の由来は、日本最古の和歌集「万葉集」に記された「梅花の歌三十二首」の序文

「時に初春の令月、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」

から引用した。初めて日本の古典から選定された元号となりました。

「令和」には、人々が美しく心寄せ合う中で、
文化が生まれ育つという意味が込められているとのこと。
日本の歴史と文化、四季折々の美しい自然を次の時代へ引継ぎ、春の訪れを告げる梅の花のように、
人々が花を咲かせることのできる日本でありたいとの願いが込められているそうです。

明日への希望が満ちあふれた日本へとの願いが込められた新元号。
その「令和」の時を迎えるお祝いには、國酒である日本酒で乾杯していただきたいものです。

そこで、今回【純米大吟醸「令和」ラベル】を数量限定で発売いたします。
こちらの商品は、地酒のリエゾンオリジナル企画商品となります。





一ノ蔵 純米大吟醸【新元号「令和」ラベル】 


  一ノ蔵純米大吟醸令和ラベル   一ノ蔵純米大吟醸令和ラベル  



そして、気になるお酒の内容はこちら!!!

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016"大吟醸部門”最高金賞受賞 一ノ蔵純米大吟醸「松山天(しょうざんてん)」

中身酒は、酒米の最高峰「山田錦」を使用した、一ノ蔵の純米大吟醸酒「松山天」です。

山田錦を自家精米で40%にまで磨き上げ、低温で約30日以上かけて発酵させ、
長期間にわたり静かに熟成をさせて仕上げられます。

穏やかで上品な吟醸香と、雑味の無い透き通るような味わい、
きめ細かく滑らかな口当たりが特徴の、気品に満ちた純米大吟醸酒。




「万葉集」の「梅花の歌三十二首」序文の作者「大伴旅人」は、
お酒が好きな方だった様で、お酒にまつわる歌も多く詠んでいます。
中には「酒壺になりたいものだ」と詠んだ歌もあります。

春を喜び。花を楽しみ。お酒を味わう。
今も昔も、訪れる春を喜び、花の下でお酒を楽しむ心は同じなのかもしれません。



こちらの商品の発送は、【4月17日以降】となります。



一ノ蔵 純米大吟醸「令和」ラベル 720ml

価格: ¥3,860 (税込)
[ポイント還元 38ポイント~]
【包装について】:
数量:
在庫: 残り僅か

返品についての詳細はこちら

twitter


蔵元:株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山)
原料米:山田錦
精米歩合:40%
日本酒度:-2~±0
アルコール分:15%




地酒のリエゾンご利用案内

【お奨め商品】

一ノ蔵を楽しむ会出品酒特集ページ
地酒のリエゾンFacebook

営業日のご案内
  • 今日
  • 休業日
  • 臨時休業

当店の営業時間は、基本的に平日の9時~17時となっております。
営業日の16時までにいただいたご注文やメールは、当日のうちにご返信いたします。

【受賞しました!】

Eストアーアワード2010
全国銘店賞受賞!


おとりよせネット殿堂入り


サーバー証明書とは

SSLサーバー証明書

ページトップへ