葡萄の出来が良い年のみ造られるタケダのファーストワイン


タケダワイナリーの一番良い区画から出来る葡萄だけを使い、
更に葡萄の出来が良い年だけ商品化されるのがシャトー・タケダ。
収穫から樽熟成を経て瓶詰めされた後、
ワイナリーの地下セラーでじっくりと熟成させてから発売となります。


生産者は山形県上山市にあるタケダワイナリー。
20年の歳月を掛けて土壌改良を行い、
自然農法栽培(低農薬で化学肥料を使用しない)をしています。

畑を出来るだけ自然な状態に保ちバランスを取る自然農法は、
葡萄の木に優しく、飲む人にも優しいのですが、造り手には大変な農法。
それでも自然農法が良い葡萄をつくると考えるワイナリーにとっては
この姿が極自然な姿だそうです。
山形県上山市のワイナリー「タケダワイナリー」

シャトータケダ赤は、メルロ種とカベルネ・ソービニョン種のブレンドですが
2009年はカベルネ・ソービニョン種の量が多く使われており、
ブレンド比率はメルロ種が40%、、カベルネ・ソービニョン種が60%使用されています。

シャトータケダは酵母添加せずに野生酵母を使用し、樽香が付き難い小樽醗酵、
また、樽も新樽使用比率を下げ、無理な樽香を付けない工夫をしています。
コラージュや濾過、補糖等をせず、
より自然な状態で葡萄の潜在的能力を引き出す仕込を行っています。

発売と同時にワイナリー完売となる大変人気のある商品で、
割り当て制の1回入荷の為、品切れの際はご了承願います。

入荷本数は極僅か。次回入荷はありません。申し訳ございませんが、お1人様1本で先着順受付となります。
また、品切れの際にはご了承願います。

タケダワイナリー シャトータケダ赤2009 750ml

価格: ¥10,260 (税込)
[ポイント還元 102ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter


製造元:有限会社タケダワイナリー(山形県上山市)
品種:メルロ種40%、カベルネ・ソービニョン種60%(自社農園産)
収穫:2009年10月
アルコール分(瓶詰め時):11.3%


地酒のリエゾンご利用案内

一ノ蔵を楽しむ会出品酒特集ページ
地酒のリエゾンFacebook

営業日のご案内
  • 今日
  • 休業日
  • 臨時休業

当店の営業時間は、基本的に平日の9時~17時となっております。
営業日の16時までにいただいたご注文やメールは、当日のうちにご返信いたします。

【受賞しました!】

Eストアーアワード2010
全国銘店賞受賞!


おとりよせネット殿堂入り


サーバー証明書とは

SSLサーバー証明書

ページトップへ